俺を踏み台して翔んで行け

僕の失敗や反省から得たものをシェアしたい

磯野貴理子さんと離婚を決意した旦那は立派だし正しい。そして2人ともこれからもっと幸せになることを心から願う。

タレントの磯野貴理子さんが離婚をしたらしい。

24歳下の旦那に「自分の子供が欲しいから」と切り出されたようだ。

headlines.yahoo.co.jp

かつて、彼女と長い間セックスレスで密かに悩んでいた経験のある僕としては、他人事には思えない感覚があり、ショックを受けた。

 

ネット上では、旦那を批判する声とかばう声が半々あり、そしてそれ以上に磯野貴理子さんを気の毒に思う声が圧倒的に多いようだ。

 

僕としては、いずれこうなることは誰もが分かっていたはずだし、磯野貴理子さん自身も半分覚悟はしていたはず、だと思っている。

 

そして更に、自分の子供を作る為に離婚を切り出した旦那の判断は正しいし、勇気がある行動だと僕は心から尊敬している。何より今一番辛い思いをしているのは旦那自身に違いない。

 

磯野貴理子さんと結婚した当時の旦那は弱冠24歳。そんな若い彼が、当時48歳の磯野貴理子さんを嫁にしたのだ。周りに同世代の若い女の子が幾らでもいたはずなのに。

 

20代前半の男というのは実にピュアで実直なのだ。彼も、後先など考えることなくとにかく目の前の女性を幸せにしたいと心から想って結婚したはずだ。そんなピュアで熱い気持ち、かつて僕にもありました。

 

ただ、いくら相手の女性を愛していたとしても、ずっと子供ができないとなると先が見えない閉塞感を感じるのは当然で、これはどうしようもない自然の摂理だと思う。生物である以上、自分の遺伝子を残すことは本能に深く組み込まれているのだ。

 

もしそれがお互い同じ年齢層であればまだ諦めがつくが、相手の女性が24歳も上で、まだ30代前半の子作りに適した年齢の若い彼を一体誰が批判する権利があるのだろうか、と僕は思う。

 

24歳の男なんてまだまだ子供だし、後先を考えるほどの分別を持ち合わせてはいない。

 

結婚当時、磯野貴理子さんもそれを分かっていた上で、安心して一緒に生涯を遂げることのできるパートナーよりも、自分をドキドキさせてくれる若くてエネルギッシュな若い彼の刺激を選んだのだと思う。それが将来的に離婚というリスクを持ち合わせていたとしても。

 

磯野貴理子さんの旦那さんも、今回の離婚は本当に苦しみ抜いて選んだ結果だと思う。そもそも24歳も歳上の女性を結婚相手に選んだこと自体、純愛でしかあるはずが無いのだから。

 

「こんな残酷な結論を出すのだったら、最初から愛さなければよかった・・。」

今頃旦那はこう思っているに違いない。男は女性と比べても失恋を後に引くものだ。

 

磯野貴理子さんの旦那は真面目で純粋な良い男だと思う。結婚の経緯や彼の発言を見てもそれは間違いが無い。

 

そんな彼が、これから新しい良きパートナーを見つけて彼の優秀な遺伝子をこの世に残すことは実に正しい選択だ。僕は彼の離婚の決断は本当に立派だと思うし、何も間違っていないと確信している。僕は、そんな彼の幸せを心から願っている。

 

そして磯野貴理子さんも現在55歳ながら相変わらず可愛く美しい。正直、僕も48歳当時の彼女と結婚を決意した旦那の気持ちは理解できるのだ。それくらい磯野貴理子さんの美貌とチャーミングさは魅力的だと思う。

 

過剰に潔癖な性格が彼女自身のハードルを上げてしまっている感があるが、彼女と生涯を遂げたいと思う男性は世の中に沢山いるはずだ。そういった男性と巡り合う機会はまだまだあると思うし、磯野貴理子さんはこれからいくらでも幸せになれると思う。

 

結果的に離婚をする2人ではあるが、それはやむを得ない当然の結果だ。僕は2人ともこれからいくらでも幸せになる機会はあると信じているし、そんな2人を心から応援をしている。

 

人生いろいろ。幸せの形は決して一つじゃない。